当サイトは記事内に広告を含む場合があります

クラウドワークス・タスク案件のメリットデメリット【タスクで稼ぐためにやること】

クラウドワークスの仕事

クラウドワークスの「タスク案件」は気軽にできますが、時給換算するとかなり厳しい・・・・・・。

私もタスク案件を毎日やっていますが、なかなか収入は増えませんでした。

でもプロジェクト案件は大変そう・・・・・・。

そこで、私はタスク案件で月3万円の収入を得るにはどうしたらいいか考えました。

結論
  • ブログを始めること

なぜその結論にいたったのか、理由を解説します。

この記事では、前半でタスク案件のメリットデメリット後半で稼ぐためにやることを解説します。

スポンサーリンク

タスク案件のメリット【クラウドワークス】

クラウドワークスで仕事をしているであれば、「クラウドワークスで稼ぎたければ、タスク案件よりもプロジェクト案件をやりましょう」という話を聞いたことがあると思います。

たしかにプロジェクト案件のほうが、単価が高い傾向にあります。
しかしタスク案件にはプロジェクト案件にはないメリットがあります。

メリット①「気軽にできる」

タスクは気軽にできます。アンケート系の案件ならスキマ時間にスマホでもできます。

プロジェクトを受注するには、案件に応募しクライアントに選ばれなければいけません。
選ばれたらクライアントとやりとりをして仕事にとりかかります。

タスク案件は応募する必要がなく、できそうなものを気軽にやることができます。

メリット②「数をこなせる」

できそうなものをどんどん受注できるので、数をこなせます。

プロジェクトだと複数受注するのは初心者には難しいと思います。
納品できないとクライアントに迷惑がかかってしまうからです。

タスクだからテキトーにやっていい、というわけではありません。

メリット③「途中でやめてもOK」

タスクは作業を開始するを押して始めても途中でやめることができます。

プロジェクトではそうはいきません。途中でやめるのはクライアントに多大な迷惑がかかるので、してはいけないことです。

スポンサーリンク

タスク案件のデメリット【クラウドワークス】

やはり、メリットだけではなくデメリットもあります。

デメリット①「簡単なものは単価が低い」

メリットであげた「気軽にできる」ものは単価が低いです。
「気軽にできる=文字数が少ない」ものになりますが、それらは総じて単価が低いです。

数をこなせても、時給換算すると300円に満たないこともあります。
たまに大学の研究室主催の案件などがあり、1つで500円以上の案件があるとそれ以外は時間効率が悪くなってしまう。

基本的に単価が高い案件は「文字数が多い記事作成」の仕事が多いです。

デメリット②「受注できる案件数が不安定」

タスクには「口コミ案件」が多い印象があります。
使ったことがあるものであれば受注しやすいですが、使ったことがないものは書くのが難しいです。

例えば「化粧水についての口コミ」など自分が使っているものであれば、本当に使用したときの感想を書けばいいだけです。
具体的に書けるので文字数が多くても書けます。

使っていないものでも、口コミサイトなどの情報を切り貼りして書くことはできます。しかし具体的に書くのが難しいです。

他サイトからのコピペは禁止されています。案件の注意事項をよく読みましょう。

デメリット③「スキルが身につかない」

タスクを「こなす」だけだとスキルが身につきません。

スキルが身につかないということは、受注できる案件のジャンルやレベルがあがらないということです。
そのため、単価が高いものを受けるのも難しいです。

この3つのデメリットは「プロジェクト案件」なら解消できます。それでもタスク案件を受ける理由を次に解説します。

なぜ「プロジェクト」ではなく「タスク」を受けるのか【クラウドワークス】

矛盾するようですが、いずれ「プロジェクト案件」を受注したいと思っています。
ではなぜ、タスク案件を受けているのか。

スキルと自信がなかった

理由

プロジェクト案件に応募する「スキル」と「自信」がなかった

スキルと自信がない、これがプロジェクト案件に応募できない理由です。

受注してうまく記事がかけなかったらどうしよう

クライアントに迷惑かけたくない

改善策を考えた

これは私のネガティブな性格のせいかもしれませんが、悪い方向に考えてしまうのでプロジェクトに応募することを恐れています。

  • なんの実績もない
  • 文章力に自信もない

このままでは低単価案件しかできないまま。なんとか改善できないかと考えました。

タスク案件でも稼げる【クラウドワークス】

プロジェクトは自信がない。気軽にできるタスク案件かつ単価の高いものを受注できないか考えました。

単価が高い案件は長文の記事作成が多い

タスク案件を「金額が高い」順に並び替えて上から見ていきました。

  • 注文住宅についての記事作成:3800文字・3300円
  • 婚活についての記事作成:2200文字・1800円

単価の高いタスクは、文字数の多い記事作成案件がほとんどです。

1日1000円で月3万円になる

タスク案件だけで月3万円と考えると大変なように感じますが、1日1000円でいいのです。

上記の案件を1つ納品すれば1日1000円、毎日やれば月3万円になります。

このように分割するとできそうな気がしませんか?

タスク案件で稼ぐためにブログを始めた【クラウドワークス】

文字数の多い記事作成ができるようになれば、高単価案件を受注できます。

そのために必要な課題を書き出しました。

  • 記事構成の方法を学ぶ
  • 文章力を身につける
  • 長文を書く自信をつける

この3つを身につけるために最適なものがブログでした。

まず、記事構成に慣れること。そして自信をつけること。

ブログなら自由に書ける

タスク案件の場合、制限時間があるため初心者が長文記事を書くのが難しいです。
でも自分のブログであれば、1記事にいくら時間をかけても問題ありません。

書くテーマも自由なので、書きたいテーマで文章練習できます。

1記事ずつ課題を設定して書く

自由に書けるといっても、書きたいように書いても意味がありません。
目的は高単価案件を受注するためにスキルと自信を身につけることです。

そのために、1記事ずつ課題や意識することを決めて書きました。

  • 本で文章力の基礎を学び、学んだことを意識しながら書く
  • 記事構成の方法についての記事を読みマネしながら書く

そして「できたこと」「できなかったこと」を見つけ改善していく。これを繰り返します。

以外と長文記事も書ける

タスクで規定文字数が多いものは難しいと思い、避けがちでした。
しかしブログで記事を書いてみると以外と書けるものだと気づきました。

最初に書いた記事は文字数を意識せず書きましたが、2000文字を超えていました。

思ったよりも大変ではありませんでした。

5記事目では3000文字を超えています。ブログではこの文字数は当たり前のようです。
しっかり記事構成をして書けば自然と長文記事を書けるようになりました

これは長文を書く自信につながりました。

文章力を身につけるのは難しい

この記事を読んでいるかたなら気づいていると思いますが、文章力はまだまだです。

勉強しながら文章力を身につけていきます。

無料ブログではなく有料ブログがいい

課題を解決するためなら「はてなブログ」や「ライブドアブログ」のような無料ブログでもOKです。
でも、WordPressで有料ブログを立ち上げたほうができることの幅が広がります。

WordPressとは

ブログを作成するソフトで、使用するには有料サーバーと契約する必要があります。
(サーバー代は月1000円ほど)

サーバー代の月1000円は、記事作成ができるようになれば1日で回収できるようになります。

有料ブログなら仕事の幅が広がる

WordPressの操作ができることで仕事の幅が広がります。

スキル販売サイト「ココナラ」では、WordPress関連の仕事を受注することができます。

  • WordPressの初期設定
  • WordPressでサイト制作
  • WordPressの記事作成

など、WordPressが使えればクラウドワークス以外でも仕事ができるようになります。

プロジェクト案件の受注もしやすくなる

将来的にプロジェクト案件を受けたくなったときにも役に立ちます。

「ポートフォリオ=実績」として提示できるので、受注しやすく単価も高くなります。

まとめ:クラウドワークス・タスク案件のメリットデメリット【タスクで稼ぐためにやること】

高単価タスクを受けるためにブログを始める
  • 記事構成に慣れる
  • 長文記事を書く自信をつける
  • 文章力をつける
  • 有料ブログで始めることで、仕事の幅が広がる

ブログを始めることは、クラウドワークスで収入を得るために役立ちます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
ミクモリblog
タイトルとURLをコピーしました